モテる小顔ゲット!表情筋トレーニングで顔のたるみ・ほうれい線を改善する方法

小顔
小顔メイクや矯正など、小顔を願う女性は数多くいます。

実は、顔の筋肉を刺激するだけで肌のたるみを引き締めることによって小顔を得ることができます。また、ほうれい線などのシワの予防にもつながります。

今回は、表情筋を鍛えるメリットやトレーニングの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

表情筋とは

口元
表情筋とは、目や鼻・口など、顔を動かすのに必要な筋肉のこと。そして顔の筋肉は、皮膚を支える土台となっています。

実は、ほうれい線・フェイスライン・口角といった顔の悩みの多くは筋肉の弛緩が原因です。筋肉が衰えると重力に耐え切れず皮膚が垂れ下がり、たるみの原因となってしまいます。また、顔の中心部から口元までのラインが崩れることによってほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

つまり表情筋のトレーニングは、ほうれい線・シワ・たるみへの有効な対策なのです。

表情筋を鍛えることで得られる効果

表情筋はとても薄く小さな筋肉です。そのため、継続して動かすことによって効果を得やすいとも言うことができます。

表情筋を鍛えることによって、以下のような効果が期待できます。

シワの改善

表情筋を鍛えることにより、表情筋が支えている皮膚を伸ばすことができ、シワが目立たなくなります。

ほうれい線・たるみ・二重あごの改善

表情筋を鍛えることによって、顔のラインの崩れを防ぐことができます。顔の中心部から口元までのラインやあごのライン、口角が下がることを防ぐことができ、ほうれい線やたるみ・二重あごの改善が期待できます。

小顔効果

表情筋を鍛えることにより、むくみやたるみが解消され、顔全体のリフトアップが期待できます。

輪郭がシャープになることで、小顔効果が期待できます。

表情が豊かになる

顔のこわばりが取れることにより、血行が良くなります。また、表情によって感情を表現しやすくなり、明るい印象を持たれるようになるでしょう。

表情筋のトレーニング

ウォーミングアップ

  1. 口を縦に開き、顔全体を上下に伸ばす
  2. 口を閉じて、鼻のあたりを意識して顔を中央に縮める
  3. 口を左右に伸ばし、顔全体を横に伸ばす
  4. 口を閉じて、鼻のあたりを意識して顔を中央に縮める

目元のたるみに!眼輪筋のエクササイズ

  1. 両目をぎゅっと閉じて5秒そのままを保ち、ぱっと目を開く
  2. 右目を閉じ、左目を開けて3秒保つ
  3. 左目を閉じて右目を開けて3秒保つ

ほうれい線に!口輪筋のエクササイズ

「あ」「い」「う」「え」「お」と1文字ずつ区切るようにして、口をしっかり動かす
※普段使わない筋肉も意識して大きく動かしましょう!

口元のたるみに!口角のエクササイズ

  1. 口を前に突き出して、口を「お」と発音する形にする
  2. 「お」の口のまま、口を下に引き下げ、頬を上に引き上げる
  3. 10回程度、繰り返す

二重あごに!おとがい筋のエクササイズ

  1. 顔をゆっくりと上に向け、限界まで真上を見上げる
  2. 舌を出して、ゆっくりと真上に向かって伸ばす。その状態を5秒キープ

最後に

いかがでしたか?
トレーニングはすぐに効果が出るものではありませんが、継続することで少しずつ効果があらわれるもの。

すき間時間を活用して、小顔を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク