スーパーフードプロテインとは?おすすめのタイミングと飲み方を紹介します

かつてはムキムキの人が飲んでいるイメージが強かったプロテインですが、フィットネスの効果が一般に認知されるにつれてプロテインを飲む女性も増えてきました。

それに伴い、本格的にトレーニングを行っていない方でも飲みやすいプロテインが多く発売されるようになりました。近年話題となっている豊富な栄養素を含むスーパーフードを配合したスーパーフードプロテインもそのひとつです。

今回は、女性におすすめのスーパーフードプロテインをご紹介します

スーパーフードプロテインとは

国産プロテインメーカーで有名な「アルプロン」という会社が製造・販売を行っています。味はマキベリーカカオアサイーの3種類。いずれも、肌の老化に繋がる活性酸素を除去する「抗酸化作用」を持つポリフェノールを豊富に含んでいます。

栄養価

エネルギー 54.9kcal
タンパク質 8.2g
脂質 0.1g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 7.0 mg
葉 酸 193.1mg
コエンザイムQ10 86.7mg
α-リポ酸 173mg

内容量 225g(約15回分)

おすすめのタイミングと飲み方

水または牛乳を200ccシェイカーに入れた後、付属のスプーン3杯分のプロテインを加え、よく振って飲むだけ。スプーンでかき混ぜるだけではダマになってしまい十分に溶けない場合もあるので、シェイカーを使うのがおすすめです。

薬ではないため、飲むタイミングについて厳密なルールはありませんが、下記に挙げる3つのタイミングが一般的でしょう。

起床後
起床時は体内から水分や栄養素が枯渇しています。そこでしっかりとプロテイン(たんぱく質)を体内に送り込むことは、効率的な身体作りに役立ちます。朝食でパンなどを食べる前に摂取するのもおすすめです。

トレーニング後
運動後の身体は大量にエネルギーを消費しており、筋肉細胞に傷がついた状態です。筋肉の修復にはたんぱく質が欠かせません。運動後45分以内にプロテインを摂取することで、効率良く吸収することができます。

たんぱく質を構成するアミノ酸が筋肉になる作用を同化作用と呼びます。運動後の45分以内というのは筋肉の同化作用が最も高まっている時間帯となります。この運動後45分以内のタイミングはゴールデンタイムと呼ばれています。

間食
小腹が空いたとき、間食の代わりに摂取するのもおすすめです。空腹によるストレスは筋肉の分解を促すため、無理に我慢するのはおすすめできません。

また、糖質が低いプロテインはGI値が低いため、摂取後の血糖値の上昇が緩やかです。GI値が高い食品は血糖値が一気に上昇しインスリンが大量に分泌されるため、脂肪の蓄積に繋がります。

腹持ちの良いソイプロテインで空腹を紛らわせることで、無理なく摂取カロリーを抑えることができます。

上記の他、トレーニングでしっかり身体を鍛えている方は就寝30分〜1時間前もおすすめです。

最後に

プロテイン(たんぱく質)は筋肉だけでなく、髪や爪・肌を構成する大切な栄養素です。無理なダイエットによって筋肉量が落ちてしまうと身体のメリハリがなくなる上に、一時的に体重が減少したとしてもリバウンドに繋がってしまいます。

ダイエット中は栄養が不足しがちです。美しい身体作りのために、スーパーフードプロテインで効率よく栄養を摂取してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク