甘酒のすごい美容効果5つ!美容・美肌におすすめの理由とは

甘酒

スポンサーリンク

「飲む点滴」と呼ばれる甘酒

甘酒美容効果はテレビなどでしばしば取り上げられるほど注目が集まっており、美容と健康のために、女優や有名人の中にも甘酒を飲んでいる方が多くいます。

甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれるほど栄養価の高い飲み物。江戸時代には夏バテ対策・疲労回復に重宝されていたそうです。

甘酒の製法には2種類あり、米麹を発酵させて作る方法、酒粕に砂糖を加える方法があります。

現在、その美容・健康への効果が注目されているのは米麹を発酵させて作られる甘酒。

米麹の甘酒は発酵の段階で自然な甘さが出るので飲みやすい上に、ノンシュガー・ノンアルコールなのでダイエット中の方や妊娠中の方、お子様も安心して飲むことができます。

今回は、甘酒に期待される美容と健康への効果について紹介します。

甘酒の効果

美容
米麹から作られた甘酒には以下のようなたくさんの美容成分が含まれています。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • GABA(アミノ酸)
  • イノシトール

など。

どのような効果が期待されるのでしょうか。

美肌効果

甘酒にはコウジ酸が含まれています。コウジ菌は、シミやくすみの原因となるメラニン生成を抑えてシミやくすみの予防に効果的です。

また、甘酒にはビタミンB群も多く含まれています。ビタミンB2は皮膚や粘膜を保護してくれる働きがあり、口内炎を防いだりきめ細かく美しいお肌にしてくれる効果が期待できます。

アンチエイジング

甘酒に含まれるエルゴチオネインは強い抗酸化作用を持ち、活性酸素によるDNAの損傷や過酸化脂質の生成を防ぐほか、光による肌の老化を抑制する効果があると言われています。

エルゴチオネインはキノコなどの菌類と一部の細菌のみしか生み出すことができません。

美しい髪に

美髪に
甘酒に含まれるシステインやビオチンは髪と頭皮の健康にも役立ちます。システインは髪の毛の主成分であるケラチンというたんぱく質の材料となります。また、ビオチンはコラーゲンの生成にも深く関係があります。

腸内環境の改善

甘酒には水溶性と不水溶性の食物繊維、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、腸内フローラの改善に役立ちます。

腸内環境を整えることは、免疫力のアップ便秘の改善につながります。

疲労回復

甘酒に含まれるビタミンB群はエネルギーを効率良く転換してくれます。また、ブドウ糖が多く含まれており、疲労回復をサポートしてくれます。

甘酒を飲むタイミング

ダイエットには朝がおすすめ

一日のエネルギーをチャージしたい場合や、ダイエット効果を狙うのであれば朝がおすすめです。

朝一番にエネルギーの代謝を高めることによって、脂肪や糖を効率良く燃焼させることができます。

疲れを取るなら夜がおすすめ

寝つきを良くしたい場合や、睡眠の質を良くしたいという方には夜がおすすめです。甘酒に含まれるトリプトファンはセロトニンやメラトニンの材料となる物質。メラトニンは生体リズムの調節に関わるホルモンで、快眠には欠かせません。

無添加・無加糖。米と米麹だけの「造り酒屋の甘酒」

市販されている甘酒の多くは、酒粕に砂糖を加えたもの。
米麹による甘酒のような美容・健康への効果は期待できない上に、ダイエット中の方や妊娠中の方にはおすすめできません。

そこで、米と米麹だけを原材料とした甘酒「造り酒屋の甘酒」をご紹介します。

上品な甘さが美味しい遠藤酒造場の「造り酒屋の甘酒」は創業150年以上の老舗酒蔵である遠藤酒造場が作る無添加・無加糖の甘酒。遠藤酒造場は14年連続でモンドセレクション金賞を受賞するなど、お酒をたしなむ人から大人気の酒蔵です。

「造り酒屋の甘酒」は、テレビショッピングで紹介された際に18分で16,000本が完売、楽天のデイリー・リアルタイムランキング7部門で1位を獲得したこともあるほど大人気の甘酒で、累計販売本数はなんと400,000本を突破しています。

甘酒・楽天一位

「造り酒屋の甘酒」口コミ・感想

私はお酒が飲めず、今まで甘酒でも気分が悪くなっていました。麹を使った甘酒に出会えて喜んでいます。すぐ売り切れてしまいますが、作り立ての甘酒をいつも楽しみにしています。

もともと甘酒はあまり得意ではありませんでしたがこんなに美味しい甘酒があるなんて驚きです。
寒くなりあたためた甘酒は体もぽかぽかになり有り難いです。

【遠藤酒造場】
ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」
18分で16,000本完売!楽天総合ランキング1位獲得の「造り酒屋の甘酒」はこちらから

最後に

空気が乾燥するこれからの時期、温めて飲んでも美味しい甘酒。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク